チキン南蛮を食べに青春18きっぷで宮崎へ

数年前、発作的にチキン南蛮が食べたくなったときがありました。チキン南蛮なんて今時どこでも食べられますしレシピを調べれば自分で作ることもできますが、でもそのとき食べたかったのは本場の、宮崎のチキン南蛮でした。それで「よし、宮崎県へ行こう!」ということになりました。信じられないほど単純な理由でしたがそれでも募ればついてくる人はいて、友人と二人宮崎を目指すことになり、青春18きっぷを使おうということになりました。

大阪から鈍行で目指すため、日帰りは無理です。一泊二日で計画を立てました。青春18きっぷの使い方はよく知られているように、1人1日1枚の切符でどこまでも乗り放題というものです。上手な使い方をすれば大変お得です。私の場合、友人と2人で2日間乗るので4枚あれば足りることになります。しかし駅で販売されているものは5枚つづりですから余ってしまいます。こういう時の上手な買い方はやはり金券ショップかヤフオクで買うことなのですが、ほとんど時間がなかったため、丸ごと一冊買うことになりました。余った場合はまたどこかへ行けばいいやと思っていたのですが、結局使わないうちに期限が切れてしまったため、これは失敗でした。

私たちは大阪駅から始発に乗りひたすら西へと向かいました。広島でお好み焼きを食べ、別府で温泉に入り、あちこち寄り道しながら宮崎へ着いたのはもう夜でした。駅前のホテルで一泊して翌日、オープンと同時にチキン南蛮の名店として名高い店へ行きました。チキン南蛮はそれはもう本当においしくて、忘れられない味でした。が、帰りに立ち寄った大分の鶏天もすばらしかったです。
なんとなくついてきただけの友人も
「チキン南蛮だけの旅だったはずが、ずいぶん楽しめたね」
と大喜びでした。
ほぼ無計画な旅でしたが、寄り道も自由できるため、青春18きっぷとはなんて楽しい旅ができるのだろうと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする